© 2016 by Yuki Nambu 

Contact

  • yuki-nambu

Kyoto,  Japan

​京都府 日本

April 28, 2018

自宅にてピアノ教室を開講して、早くも半年が経ちました。

手探りで始めたピアノ教室ですが、楽しくて仕方ありません。(本音です!笑)

生徒さんたちは、どんどん自発的にピアノに向かってくれていて、上達っぷりに驚きの連続です。

スキップしながら帰ってゆく可愛い子たちを見ていると、「今日も楽しかったかな♪良かったな♪」と私も嬉しくなります。

大人の生徒さんも、毎回のレッスンで確実に新しいことにトライしてくださって、着実に音楽的に豊かになっていっていらっしゃいます。

ピアノや音楽に対する個人の力は、年齢を問わず、しっかり誰にでも備わっているんだなぁ、と、この半年で実感しました。

みなさんの生活にピアノが加わることで、楽しい時間や幸せな時間が少しでも増えますように♪

自宅個人レッスンの詳細は こちらから どうぞ♪

そして!この度4月から、大阪音楽大学付属音楽院の講師としてレッスンをさせていただくこととなりました。

音楽大学の付属機関にて指導ができますことを嬉しく思います。

大阪の皆様、個人マンツーマンレッスンをお考えでしたら、ぜひどうぞ♪ (^^)

大阪音楽大学付属音楽院  

素敵な出会いがありますように!

楽しみにしております!

April 15, 2018

4/14(土)、静岡県藤枝市・市民会館にてソロリサイタルを開催させていただきました。

たくさんの皆様にご来場いただきました。ありがとうございました! 

母の実家のある藤枝市。自分が産声を上げた街でリサイタルができ、大好きな祖母やお世話になった方に演奏を聴いていただけて、本当に嬉しく思っています。

ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!(^^)

今回1曲目に選んだバッハのフランス組曲は、大好きな祖父が他界した頃に勉強していた曲です。

祖父が亡くなったと電話をもらい、大泣きした夜中。

次の日の朝一番にレッスンがあり、先生の出すバッハの響きにうるうるしながらレッスンを終え、晴れた青空におじいちゃんのことを想ったのでした。

いつも応援してくれていた大好きなおじいちゃん。

会場にはそんなおじいちゃんのご友人もいらしてくださっていました。

本当にありがとうございました。

おじいちゃん、良かったねぇ。ありがとうね。

次回、静岡県での演奏は

2019年2月23日(土)、富士ロゼシアターにて、ヴァイオリ二ストの渡邊響子さんと共演させていただきます。

響子ちゃんのヴァイオリンはとてもあたたかな音色で、一緒に弾いていて「いい音だなぁ〜」と思う瞬間がたくさんあります。

どうぞお楽しみに♪♪

今回も新たな課題がたくさん見つかりました。

初めての会場で初めてのピアノ。短いリハーサル時間でいかにピアノに近付けるか。

ピアノの弱点をカバーしつつ最大限の演奏ができる対応力や実力が必要なのだなぁと実感しました。

時間と経験。それともちろん日々の練習。ですね。

まだまだ精進します。

また藤枝でも演奏できますように!(^^)

ありがとうございました♪

April 1, 2018

昨日、3月31日、浦安文化会館にてvocalconsort initium(ヴォーカルコンソート・イニツィウム) さんの2nd concertにピアニストとして参加させていただきました。

vocalconsort initium さんは、友人の合唱指揮者・谷郁さんと柳嶋耕太さん両名の下2015年に設立された新しい室内合唱団です。

今回は、ブラームスの作曲した合唱とオーケストラのための「運命の歌」という曲を、作曲家自身がオーケストラパートをピアノに編曲したバージョンを演奏するということで、ピアノを担当させていただきました。

谷さんとは留学直前のドイツ語学校のクラスで知り合いました。留学中には一緒にウィーンフィルやオペラを立ち見で見たり、長期休暇には旅行に行ったりと、私の留学生活を語る上で欠かせない大事な友人の一人です。

そんな谷さんの合唱団の演奏会でピアノを弾かせてもらえるなんて、本当に嬉しかったです。

アカペラの合唱曲の響きの美しさ、声の多彩さ、楽器とは違った声ならではの柔らかな音楽表現…etc

びっくり感心することばかりで、ずーっと聴いていたくなりました。

コンサートは前半がイースターにちなんだキリストの受難の曲の数々。

後半はブラームスの世俗的なアカペラ合唱曲とピアノソロの間奏曲を交互に演奏するスタイルでした。

一緒に演奏したブラームスの運命の歌は、本当に素敵な曲でした。

合唱が入ってきた瞬間はまるで本当に天界で天使たちが歌っているかのようでした。

柳嶋さんの指揮のすごさは言葉では表せません。いやぁ、すごかった!そして一緒に音楽をつくる時間の楽しいことと言ったら!

やっぱり私は誰かと演奏するのが大好きなんだなぁ、と改めて感じました。

今回、久しぶりにブラームスのピアノ小品にも取り組みました。ブラームスの晩年のピアノ曲は特に彼の個人的な感情が込められているように思います。

Op.118-2はもっともっと弾き込んで味が出せるようになりたいなぁ。

昨日の演奏会は私の心にずっと残るであろう素敵な演奏会となりました。

vocalconsort initium の皆さん、そして谷ちゃん耕太さん、スタッフの皆様、ありがとうございました!

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

今後もvocalconsort initiumさんの活動に乞うご期待!です。

さて、今日から4月!

新年度も頑張ろうと思います。(^...

Please reload

最新記事
Please reload

これまでの記事
Please reload