© 2016 by Yuki Nambu 

Contact

  • yuki-nambu

Kyoto,  Japan

​京都府 日本

音源アップしました

ウィーンで最後に弾いていたフォーレのピアノカルテットの音源をyoutubeにアップしました。 仲良しメンバーでの楽しい演奏が素敵な仕上がりとなっています。 少し長いので、お暇な時にBGMとしてお聴きいただけましたら嬉しいです。

PWNさんとの協奏曲公演が無事に終了しました

昨日、名古屋の三井住友海上しらかわホールでのフィルハーモニカー・名古屋・ウィーン(PWN)さんとのコンサートが無事に終わりました。 指揮の武藤英明先生のもと、私は大好きなモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を演奏させていただきました。 この1年間、ほとんど室内楽ばかり演奏していた私。コンチェルトのソリストができるのかと多少不安もあったのですが(暗譜etc...!)、ウィーンのアヴォ師匠がおっしゃっていた 「モーツァルトのコンチェルトは、オーケストラとの”アンサンブル”だよ。室内楽と一緒だよ!」 ということを、今回の演奏会で実感しました。弦楽器の皆さんと一緒に和声の階段を上がったり下がったり、管楽器の皆さんと掛け合いのおしゃべりをしたり。見えてくることがたくさんありました。とっても楽しく、かつ勉強になりました。 そしてシックで素敵なホールで待っていたのは、大好きなベーゼンドルファー。しかも大きなインペリアル!私に弾きこなせるか心配でしたが、PWNオーケストラの皆さんの、ウィーンとモーツァルトへの愛情あふれる演奏に助けられ、楽しくモーツァルトを奏でることができました。本当にありがとうございました。 そしてなんと昨日のお客様は600人超! たくさんの方々に演奏をお聴きいただけましたこと、本当に嬉しく思っております。ご来場ありがとうございました。 そして、オーケストラの皆さん、ソリストの皆さん、素敵な時間をありがとうございました! またお会いできます日を楽しみにしています♪♪

嬉しかった話

ウィーンの卒業試験で演奏したフォーレのピアノカルテット。 メンバーみんな、本当に才能豊かでおちゃめでユーモアがあって、たくさん遊んでたくさん笑って。 演奏中もお喋りしているような遊んでいるような、そんな楽しい幸せな時間を過ごしました。 これはどうしても、形に残しておきたい、みんなと離れても、またいつか絶対一緒に演奏したい。 そんな想いを込めて、大学の録音技師科<トーンマイスター科>の学生さんに頼んで、録音をしてもらいました。 2日間の録音。楽しくて楽しくて、たくさん笑いました。 いろんな子が覗きに来てくれたり、顔を出してくれたり。 楽しいところには人が集まるんだなぁ。 そして先日、その音源がようやく出来上がりました。サウンドチェックを日本の部屋で一人していましたが、みんなが側にいるような不思議な感覚になりました。ひとり部屋で涙。みんなに会いたいな…。 そして。 トーンマイスターのエリアス君は、オーストリアのNHK的ラジオ、Ö1というラジオ局で2016年に賞をとっていて、昨日、Ö1で彼のインタビュー番組が放送されました。 私たちのフォーレが少しだけÖ1で流れ、エリアス君が録音について語っていました。 私たちの音源が流れたのはほんの1分くらいでしたが、とても嬉しかったです。 エリアス、ありがとう。 ドイツ語ですが、下記リンク先でこれから1週間、視聴していただけます。 ページの画像内にある再生ボタン▷を押していただき、番組の最後の方(11:25前後)からエリアスくんのインタビューが始まります。 ドイツ語のお勉強に、どうぞ! http://oe1.orf.at/programm/463

春眠暁を覚えず

日本へ帰国して、早くも20日ほどが経過しました。 やはり日本は落ち着きます。 時差ボケなのか、毎朝6時前には目が覚め、夜9時には眠くなってしまう生活を送っています。 打ち合わせのために訪ねた友人の家にパソコンを忘れたり、オーケストラとの練習には自宅にお財布を忘れ大遅刻をしたり(大変失礼いたしました!)、まだまだ日本のペースに馴染みきれていない今日この頃です。 ですが、家族と朝ごはんを食べ、家事をして、洗濯物を干して、庭のお花の手入れをして、コーヒーを淹れて新聞を読み、祖父の遺してくれたレコードを聴き、祖母の遺してくれた箒で掃除をし、家を整え心を整え、ピアノの練習に向かう日々。 地味ですがとっても贅沢な幸せ時間です。 さて、今週末にはフィルハーモニカーウィーン名古屋さんとのコンサートが迫っています。指揮の武藤英明先生のご指導のもと、準備をしております。音楽が、ウィーンが大好きなオケの皆さんとのモーツァルトの演奏、とっても楽しいです。 いい演奏会となりますように! 名古屋近辺にお住いの皆様、ぜひ会場でお会いいたしましょう。