京都観光そしてブラームスへ

一気に桜の季節になりましたね。 京都も桜が見頃になりました。 大好きな友人夫妻が京都旅行へ来てくれたので、私も一緒に観光してきました♪ デザインが専門の友人夫妻にくっついて素敵なお店をたくさん巡りました。なんて充実…✨ 見所もお洒落なお店もたくさんある京都の街中。もっと1人でも出掛けなくてはいけないなぁと反省しました。 出不精な私ですが、せめて月に一度はカメラを持って観光名所巡りをしようかな。 あ、お着物も着たいんだった。どうしよう! 京都ならではの贅沢な悩みです。 さて、今週末はいよいよ浦安でvocalconsort initiumさんとのコンサートです! ドキドキ! 関東圏の皆様、春のブラームスはいかがでしょうか? ご来場お待ちしています(^^) vocalconsort initium 2nd concert

霧島市国分・ピアノリサイタル終演♪

3月18日(日)、私の故郷、鹿児島県霧島市国分シビックセンター多目的ホールにて、ピアノリサイタルを開催させていただきました。 多くの皆様にお越しいただき、本当に嬉しく思っています。 ご協力、ご支援いただきました皆様、本当に本当にありがとうございました! 鹿児島に着く飛行機から、右手に煙の上がる新燃岳、左手に噴煙を上げる桜島が見え、大地のエネルギーに胸が熱くなりました。 鹿児島はあたたかいです。土地も、人も、本当にあたたかいです。 今回は初めて演奏前にトークをしたのですが、もう、弾く前から感極まって泣いてしまいそうでした。笑 演奏、お楽しみいただけましたでしょうか? ラ・カンパネラが予想以上に大好評で嬉しかったです。挑戦して良かったです!(^^) トークの中で、「私は赤ちゃんの8ヶ月の頃に国分にやって来ました」とお話をしたのですが、実は間違いで(!)、正しくは「お母さんのお腹の中で8ヶ月の時」でした!失礼しました! 打ち上げの席で、当時住んでいた家のご近所さんのおばちゃまたちが、「ゆきちゃん、あれ違うよ!ゆきちゃんはママのお腹の中にいて、ママは2歳前のお姉ちゃんの手をひいて引っ越してきたんだよ!」とつっこまれました。笑 自分のことを自分より知っているご近所さんたち。本当に優しく見守られながら成長したんだなぁ、、、と思わされる出来事でした。 (ありがとうございました&失礼いたしました!笑) 先程、たくさんの幸せな荷物と共に京都の自宅に戻りました。 いただいたお花をリビングに飾り、まだリサイタルの余韻に浸っています。 演奏面での反省はたくさんたくさんありますが、国分で帰国後最初のソロ

3/18 霧島市国分・ピアノリサイタルに向けて

いよいよ今週末、3/18(日)午後2時より、鹿児島県は霧島市国分シビックセンター多目的ホールにて、ピアノリサイタルを開催させていただきます。 3年ぶりの国分でのリサイタル。 3年ぶりのソロでのリサイタル。 自分のピアノ人生における大事なイベントとなりそうです。 先日、エフエム鹿児島さんに電話インタビューで出演させていただきました。 中学生の頃、大のラジオっ子で、どれだけ聴いていたかわからないエフエム鹿児島に、まさか自分が出演する側になるなんて…嬉しくって泣きそうでした。 そして、南日本新聞さんにも記事を掲載していただきました。 小学生の頃、毎年参加していたジュニアピアノコンクール。結果を知るため自分の名前をドキドキしながら探した新聞に、自分のピアノリサイタルの記事を載せていただけるなんて、あの頃は夢にも思っていませんでした。 ご縁に感謝です。応援してくださる方々とのご縁で、いろいろなことが繋がりました。 本当にありがとうございました。 なんだかまだ実感がわきませんが、、、しっかり頑張らねば! 練習も最後の追込みモードに入りました。 楽しんでいただけるよう、私も楽しく演奏できるよう、しっかり準備してまいります! 鹿児島の皆様、国分の皆様、久しぶりにお会いできますこと、楽しみにしています!(^^)

1年

3月6日。 ちょうど一年前の今日、私はウィーン国立音楽大学院のピアノ室内楽科修士課程の修了試験を受けました。 たくさんの友人やウィーンでお世話になった方に会場にいらしていただけて、温かく見守っていただけたこと、演奏後に先生によく頑張ったね、と言われて、思わず涙を流してしまったこと…。 思い出すと、胸がキュッとします。 留学最後の一年間は本当に本当に充実していました。素敵な仲間に囲まれて、助けられて、私の音楽もグググッと伸びたように思います。 練習して、合わせをして、一緒にごはんを食べて、また練習して、遊びに行って思いっきりはしゃいで仲良くなって、また練習して、お互いのコンサートに行って。 音楽漬けの日々でした。 あれから1年。 自分で思っていたよりもはるかにたくさんの機会に恵まれ、思っていたよりもはるかにたくさんピアノを弾いています。 「日本に帰ったら何するの?」 といろんな国の友達に聞かれる度に 「うん、両親のとこに帰ってちょっとゆっくり休憩する!」 なんて笑顔で答えていた私ですが、 ほんとに休憩してたの、一年のうちの何日間だろう…。 というくらいピアノに向き合っていました。 最初は日本のピアノのタッチと音に慣れるので精一杯でしたが、いつのまにかそれにも慣れ、(半年間は試行錯誤していました) 今はヨーロッパで出していた音を忘れないように忘れないようにと練習しています。 離れているけど、ウィーンの友人たちの演奏する動画を見て、元気とやる気をもらっています。 私も頑張らなくては。まだまだこれから。 私のピアノの部屋の時計は、今でもウィーンの時間に合わせて動いています。 みんなのこ