Yuki Nambu

南部 由貴 なんぶ ゆき

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科を経て2010年渡欧。

ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科を最優秀の成績で、同大学院修士課程を審査員満場一致の最優秀の成績で修了。2017年帰国。


2009年ルーマニア国際音楽コンクールピアノ部門第2位、併せてルーマニア政府観光局賞受賞。2016年トレビーゾ国際音楽コンクール(伊)室内楽部門、現代音楽部門において第1位、ベルリン・ライジングスターズグランプリ国際音楽コンクール(独)室内楽部門にて奨励賞受賞。その他、国内外のコンクールで受賞多数。
桐朋女子高等学校音楽科卒業演奏会、関西桐朋会新人演奏会、読売新人演奏会、ベートーヴェンハウス(ハイリゲンシュタットの遺書の家)でのコンサートやシューベルトハウス(シューベルトの生家)でのウィーン若手演奏家コンサートシリーズ "Junge Talente" 、在パリ日本文化会館での "作曲家・伊福部昭オマージュコンサート" など、多数の演奏会に出演。ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、鹿児島モーツァルト室内オーケストラ、墨染交響楽団、新進気鋭の室内合唱団vocalconsort initiumと共演するなど、ソリスト、アンサンブルピアニストとして演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたっている。2020年、自身初のCDアルバム「TANZ IM TRAUM 〜夢の中で〜」をリリース。


これまでにピアノを片野田郁子、兼松雅子、吉村真代、アヴェディス・クユムジャン各氏に、室内楽をアヴェディス・クユムジャン、藤井一興、原田敬子、テレザ・レオポルト、ゴッドフリード・ポコルニー、シュテファン・メンデル各氏に師事。歌曲伴奏法を木村俊光、ダヴィッド・ルッツ各氏に、古楽演奏法をインゴマー・ライナー氏に師事。

片野田音楽アカデミー客員演奏家・客員講師

日本クラシック音楽コンクール審査員

大阪音楽大学付属音楽院講師